ヤナセ産業機器販売株式会社

よくあるご質問

製品に関する、よくあるお問い合わせをご紹介します。

作動音はどうなのか 開く
殆どしません。本体に耳を近づければ、ファンの回転音が聞こえる程度です。
雨が降ったらどうするのか?風や雨で火が止まったらどうするのか 開く
防雨、防風設計です。内部燃焼室には、問題ありません。
台風などの時は本体ごと転倒する可能性があるので、ボンベのバルブを締めて風雨のあたらない場所へ一旦格納して下さい。
モスキートマグネットの近くに人がいる場合、蚊はどちらに向う 開く
人や動物に向う蚊、装置に向う蚊もいます。
モスキートマグネットの近くは多数の蚊が集まりますので、設置場所に近づくと刺されることがあります。
設置すればすぐ蚊はいなくなるのか 開く
蚊の多数いる場所では、数時間で蚊は装置の周りに集まり始めますが、効果がはっきりわかるには1~1.5ヶ月程かかります。
この装置は動物や人間の血を求めるメスの蚊、ブヨを捕まえます。
メスは産卵のため、血(栄養)を必要とするからです。
1匹のメスは約300個の卵を産卵します。さらに蚊の寿命は3~4週間程です。
蚊の寿命の約1.5倍の期間(蚊の2世代期間)を超えると、その範囲の蚊の総数が減った事がはっきりわかると思います。
1,000匹のメスを捕獲すれば近い将来生まれるであろう300,000匹の蚊を計算上除去することになるのです。
二酸化炭素を発生するのは環境に良くない事だが 開く
確かに二酸化炭素を放出しますが、放出量はごく僅かです。
さらに、有害物質も一切出ませんので、殺虫剤などの毒物使用よりは環境に影響を与えません。
子供に害はないのか 開く
有害物を使ってないので、幼児、お年寄り、ペットにも全く害はありません。
本当に蚊がとれるのか 開く
とれます。しかしとれるのは血を吸うメスだけです。
設置場所、環境(天候、風向き等)により捕獲効率も変りますので、購入をご検討頂く際には販売店より詳しくご説明致します。
室内で使えないか 開く
室内では酸欠の危険がありますので使用できません。
汚れた捕獲ネットはどうするのか 開く
蚊を取り除き、ネット部分の目詰まりを清掃すれば再使用が可能です。
ネットを処分する際は、各自治体の分別に従って処分してください。
全体の費用(ランニングコスト)は幾ら掛るのか 開く
本体以外に掛かる費用は誘引剤のオクテノールもしくはルレックス3とプロパンガスの費用で月額¥7,000程度です。
オクテノールとルレックス3の交換頻度は1個/3週間です。(オクテノールは¥4,800/3個、ルレックス3は¥5,800/3個)
プロパンガスは3週間で10Kgを使用します。(ご参考10Kg:¥3,500地区により価格は異なります。)
モスキートマグネット インデペンデンスの有効範囲は4,000m2(約1,200坪)となっているが本当にこんな広範囲の効果があるのか 開く
環境(地形、天候、風力等)により有効範囲はかわりますが、最大4,000m2の範囲です。(目安として半径35mの円の内側を想定してください。)
プロパンガスを使うので心配だ 開く
危険はありません。内部燃焼温度センサーにより正常燃焼(温度)以外はセンサーが働き、自動停止させます。
捕まえるのは蚊だけか 開く
基本的に吸血性の小昆虫を捕まえます。
蚊やぶゆ(ぶよ)、スナバエ等です。虻(あぶ)も吸血性ですが、大きい虻は本能で吸い込まれる危険を察知して吸入口のバキューム力に抵抗して逃げてしまうケースが多いです。
使用しないときは、どのように保管するのか 開く
ガス用供給アダプター並び吸入、放出口を埃などが入らないようにして、室内に保管してください。オプション品として、本機格納カバーも用意しております。
誘引剤が2種類あるが何が違うのか 開く
誘引剤はオクテノールトとルレックス3の2種類があります。オクテノールは主にイエカを中心に捕獲効果があります。ルレックス3は主にやぶ蚊を中心に捕獲効果があります。
▲PageTop